光脱毛 レーザー脱毛

ワキガ

『永久脱毛施術を受けるとワキガが治るらしい』という話を耳にしたことのある人も多いかと思います。
さてこの“らしい話”の真相はどうなのでしょうか?

 

まず世の中には、多毛症とまではいかなくても毛深くて悩んでいる人は多く存在します。そしてその中にはワキガで悩んでいる人も多く、ご本人にとっては深刻なものです。

 

では“ワキガ”について少しご説明しますね。脇の汗の出る汗腺には数種類の腺があり、臭いの根源となる物質はアポクリン腺から汗と一緒に分泌されます。それが汗と一緒に皮膚の上に出てきたとき、同時にエクリン腺から分泌された汗や皮脂腺から分泌された脂質と混合され、さらに脇毛や皮膚に付着している雑菌によって分解されることで悪臭を放ちます。この現象により無色無臭だったはずの汗は黄色く強い臭いを放つ汗になってしまうのです。

 

特に女性にとってはワキガは深刻な悩みとなりますよね。抑えきれない臭いはもちろんのこと、脇にフィットした洋服に黄色い汗染みを作ってしまったり、臭いが気になって人と会うことを避けるようになってしまったり、そんな精神的な苦痛から鬱病になってしまう人もいるくらいです。
汗腺からの汗に含まれる物質が雑菌に分解されて臭いを発する。ということは、雑菌を減らせば臭いの物質も減らせますよね。この“雑菌”は常在細菌として誰にでも存在するものなのですが、脇毛があることによって繁殖しやすくもなります。このため脇毛のレーザー脱毛はワキガに有効的だと考えられるわけなんですね。

 

しかし、当然のことながらレーザー脱毛は治療目的のものではありません。
ワキガの治療には“切開法”という手術があり、数センチほど切ったところから脇の下の毛根部分に集中している汗腺を毛根ごと根こそぎ除去してしまう手術方法です。
ワキガの根源となる物質を分泌する汗腺を全て取り除き、体毛を再生させる機能を持つ毛根部分も全て取り除かれるので、臭いは発生しなくなり、同時に脇毛も生えてこなくなるんです。

 

ワキガに悩んで永久脱毛をと考えているのであれば、身体にメスを入れるというリスクはありますが、確実に根源を除去し、なおかつ脇毛の再生機能も取ってしまう切開法の手術を受けられた方が俄然有効かと思います。